【小学生レッスン】やっぱり、気持ちが1番大事!


こんにちは!
Fier(フィエル)フルート教室の
フルート講師、山田 千尋です!


今日は久しぶりの、
レッスン紹介日記です♪


リトルマーメイドの、
『パートオブユアワールド』に挑戦中の生徒さん。


演奏会本番まで、
あと1週間というところまで来ました!


本番に向けて、
「今月はレッスンも2倍でお願いします!」

と気合の入ったお話も頂き…!


私もかなり気合を入れて、
色んなお話をさせていただいています。


リズムが苦手だった生徒さんですが、
アンサンブルをするために
(今回お友だちとステージに立ちます)


お友だちに迷惑をかけないために、
息のあったいい演奏をするために、

色んな意味で、
テンポを守って演奏すること
リズムを正しく演奏すること
の大切さを

たくさん感じながら
練習に取り組むことができて、

本番はまだですが
すごくいい経験になったんじゃないかなと
思います!



彼女は本当に、
フルートが大好きー!
な生徒さんなんです!


その気持ちがいつも
音からたくさん伝わって来て

私もいつも気持ちよく
楽しくレッスンができて、

毎週元気をもらっていました♡


しかし…
なんだか今週は、

音が固い感じ…



この曲も、
練習し始めてから2ヶ月は経ちます。

熱を入れて練習してきて、
技術的な部分が完成してきた分

ちょっと曲に
飽きてきてしまったみたいです…。


そんなわけで、
予定でしていたレッスン内容を
急遽変更して


『パートオブユアワールド』
の歌詞を一緒に確認して、

「曲のこの部分は、
どんな気持ちを歌っているのか」

「気持ちが変わって、
フレーズにどんな変化があるのか」

「その変化は、
どんな風に音で表現できるのか」

音の大きさなのか
音色の雰囲気なのか
どの音を重く吹くのか
どこへ向かって演奏するのか

はたまたブレスの取り方なのか…


『パートオブユアワールド』を作曲した
アラン・メンケンさんって、

場面の変化や
人物の気持ちの変化を

フレーズの響きや形、
色んな方法を使って分かりやすい
メロディーを作るのが

とっても上手な方だと思うんです。



主人公アリエルの、
人間の世界へ憧れる
ワクワク、キラキラした気持ち


でもそれは決して叶わないという
切ない気持ち


それでも人間の世界へ行きたいんだ!
という強い気持ち


大人に対する、
「もう子供じゃないの!」
という自立の気持ち


それでも夢を見続ける気持ち…


一曲の中に、
若々しいたくさんの気持ち、
エネルギーが溢れた曲です♡



この部分をこうして、
ここは大きく
ここで落として、

と指示するのは正直簡単です。

あっという間に、形にはなります。



でも、
それではただの機械です…

むしろ機械の方が上手にできるでしょう…!



機械には出せない雰囲気や音楽性って、

「この曲のこの部分」に感じる

ときめき、
ワクワク
喜び
悲しみ
切なさ
激しさ

色んなキャラクターや感情を
音楽に乗せられるかどうか

だと思います。



人間の気持ち1つで、
その場が明るくも、重くもなります。

そんな素直な気持ちを
器用に使えるように
上手に表現できるように

曲に対する気持ちを引き出すような
レッスンをもっともっと
頑張りたいなと思います!


Fier(フィエル)フルート教室

⭐️体験レッスンの記事はこちら
⭐️体験レッスンお申し込みはこちら

体験レッスン、レッスンはこちらからご予約いただけます。


船橋市 フィエルフルート教室

千葉県船橋市にある個人フルート教室。生涯をかけて夢中になれる「大人の青春」をはじめる場所。子どもさんのレッスンと同様、大人のレッスンも限界を設けずに、生涯学習を見据えて一生役立つ表現の技術、音楽の楽しみをお伝えします。のびのびと個性を発揮すること、豊かな感受性と表現力を重視しています。

0コメント

  • 1000 / 1000