【大人のレッスン】楽器の持ち方

フルートは、基本的に
3つの音域を出して演奏する楽器です。

そしてそのうちの2つ
低音域と中音域の運指は
ほとんど同じです😳

それでは、
どうやって違う音域の音を出すかというと
息のスピードや、口の形を変えて
出す音の音域をコントロールします😚


ソノリテは中音域のシから始まりますが、
今日は生徒さんちょっと
低音域の方が調子良さそうなご様子…

中音域から、高音域にかけては、
本来フルートが
1番気持ち良く伸び、響く音域です。

お腹の支えをもう一度
丁寧に整え直して吹いてみると、
別人のようにいい音が!!✨✨

その後は
アルテの教則本、曲に挑戦しましたが、
やはり
途中で音が鳴りにくくなってきます…

この課題には
生徒さんとずっと一緒に
取り組んできましたが
どうやら
楽器の持ち方に原因があったようです!

今日はもう一度改めて、
楽器がブレずに持てるような
手の使い方をレッスンしました。

これで来週、
どんな仕上がりになるのか…

楽しみです😊

Fier(フィエル)フルート教室

⭐️体験レッスンの記事はこちら
⭐️体験レッスンお申し込みはこちら

体験レッスン、レッスンはこちらからご予約いただけます。


船橋市 フィエルフルート教室

千葉県船橋市にある個人フルート教室。生涯をかけて夢中になれる「大人の青春」をはじめる場所。子どもさんのレッスンと同様、大人のレッスンも限界を設けずに、生涯学習を見据えて一生役立つ表現の技術、音楽の楽しみをお伝えします。のびのびと個性を発揮すること、豊かな感受性と表現力を重視しています。

0コメント

  • 1000 / 1000